▼ 家づくり ▼
資料請求

マイホームをお考えのお方にオトクな情報が詰まった「あいハウジング」の資料をお自宅にお届けします。

お問合せ

気になることはご連絡ください。 スタッフがお答えします!

省エネに最適な家


地球環境の未来を見据え、
次世代につながる森づくりを行っています。

温暖な気候と豊潤な土壌に恵まれたニュージーランド。
この地で30年という年月をかけ、最高の無垢一本物のニュージーパイン®を育てています。
高品質な商品をお届けするために。そして何よりも、「地球環境」の未来を見すえた森づくりを行うために。
植林から枝打ち、間伐、伐採、そしてまた植林する独自の法正林システムを実施しています。



「30年輸伐システム」により豊かな環境を守りながら森を活用

ニュージーランドの広大な森で、植林・管理を行っています。
その活動を通し、限りある資源保護を目的とする「輸伐システム」を実現。
それは30年サイクルでニュージーパイン®を計画的に管理することで木材の有効活用とともに、環境保全にも役立っています。
木材資源の安定供給を図りながら、万全な管理体制のもと良質なニュージーパイン®をニュージーランドからお届けしています。

CO2の吸収と固定化量

植物は光合成によって、大気中のCO2を吸収し、炭素を樹体に固定化して、酸素を大気中に排出します。
このため森林は、温室効果ガスのひとつであるCO2削減の有効な手段として注目されています。
温室効果ガスであるCO2は、森林で樹木に吸収された後も、炭素として木材中に固定されています。
そのため木材製品は、燃やされたり、微生物によって分解されたりして、再びCO2として大気中に放出されるまでの貯蔵庫であると言えます。
木材製品を生産することは、植林して吸収したCO2を、炭素として固定する貯蔵庫を生産していると言えます。
JNLが2010年度に創出した木材の量は732,341トンでこれによる炭素固定量をCO2に換算すると、60.4万トン-CO2でした。

森林環境の保全と環境保護製品の普及・促進を目的としたFSC森林認証

暮らしに安心の品質をお届けし、地球環境を豊かなものにするためには、経営体制そのものも確かなものでなくてはなりません。
ニュージーランドの全森林・全工場で森林管理認証を取得するとともに、国内外の木質建築工場でも森林認証を取得し、森林経営から最終製品まで一貫した体制を確立しています。

木材や木材製品の合法性を確認できる証し

日本は木材の大量消費国です。国内需要の約80%が海外から輸入されています。その中には違法伐採された木材があり、私たちも知らないうちに身近なところで使用している可能性もあります。
海外で無秩序に行われている違法な伐採により伐り出された木材は、地球環境だけでなく価格低下に伴う経済環境にも大きな影響を与えています。そんな違法伐採を防ぐために、森林が適切に管理され、当該森林から算出された木材を区別して流通させるために、国際的な第三者機関が認証してるのが、森林認証制度です。
日本国内では、平成13年4月施行の「グリーン購入法」に続き、平成18年4月より、違法伐採への対策として「木材・木材製品は”合法性”と”継続可能性”が証明されたものを購入しなければならない」という措置を導入しています。環境省は合法性を確認する手段の一つとして「森林認証」を推奨しています。
FSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)
世界中のすべての森林を対象とし、環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を推奨することをもくてきとして 、1993年に設立されました。森林管理のためのFSCの原則と基準の作成および維持を行っています。
森林管理認証(FM認証)
森林を対象とした認証で、「10の原則」と「56の基準」にもとづいて森林管理が適切に行われていることを審査機関によって認証します。
加工・流通過程の管理認証(CoC認証)
森林認証のうち製造・加工・流通における認証で、認証森林から出た木材を最終製品になるまで、すべての工程で非認証材と混ざらないよう適切に管理できているかどうかを審査機関によって認証します。

Fudousan Plugin Ver.1.3.5