▼ 家づくり ▼
資料請求

マイホームをお考えのお方にオトクな情報が詰まった「あいハウジング」の資料をお自宅にお届けします。

お問合せ

気になることはご連絡ください。 スタッフがお答えします!

長持ちする家

耐震性と耐久性に優れた材料が家を長持ちさせる。「腐らない」「シロアリ」にも負けない家づくりを実現する高耐久性部材JWOOD EX。

日本独特の気候風土に適し、職人の高い技術力と経験から日本人は長く木造住宅に慣れ親しんできました。特に”檜の家”を建てることは日本人にとって一つのステータスにもなっていました。檜は香りが高く、芯に赤みを帯びた部分が害虫を寄せ付けないため、家を長持ちさせる上でも好まれてきた材料といえます。近年では赤みを帯びた良質な檜材の確保が難しいこと、建築基準法で「地面から高さが1m以内にある柱や土台に防腐防蟻措置をしなければいけない」などから、ほとんどのケースは工場や建築現場で薬剤を乾式注入したJWOOD EX材をつくりました。JWOOD EX使用の住宅には75~90年以上の耐久性が認められています。耐震性と耐久性のどちらにも優れたJWOOD工法の家が住宅の長寿命化を実現します。

防蟻・防腐性能に優れたJWOOD EX。

JWOOD LVL構造材の中でも特に、防蟻・防腐性能を重視したものがEXシリーズ。
薬剤を乾式注入し、半永久的に耐久性のある構造材として使用できます。
長期優良住宅のスペックにふさわしい高性能構造材、それが「JWOOD EX」です。

乾式注入剤JWOOD EX

シロアリに強い防蟻処理

建築基準法では、「構造上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じてしろありその他虫による害を防ぐための措置を講じなければならない(法第49条第2項)」と定められています。この薬剤処理には、高圧で注入する乾式注入、駅に漬ける湿式注入そして現場で塗る現場塗布などの方法がありますが、従来の木造住宅では、建築時に薬剤を現場で塗布することで対応してきました。しかし、薬剤の水分が蒸発する際に薬剤の成分も少しづつ失われ、10年程度で効果がなくなってしまいます。JWOOD EXは高圧で材の中心部まで注入する乾式注入方式ですから、半永久的に薬剤の効果が持続します。

75~90年の耐用年数を誇る品質

JWOOD EXに注入されている薬剤はJASの性能区分でAQ2種(K3相当)に該当し、住宅の土台や屋内湿潤下で20年の耐久性基準を満たした(財)日本住宅・木材技術センターの認証を受けた優良木質建材(AQ認証品)です。さらに、1階の外周部分にJWOOD EX材を使用した住宅は、住宅性能表示制度の「劣化対策等級3」の基準を満たしていると認められ、(社)日本建築センターの住宅型式性能認定を取得。耐久性の高い材料の組み合わせときちんとしたメンテナンスで、住宅として75~90年の耐久性が認められた材料といえます。

部材名 住宅性能表示対応
JWOOD EX LVL土台 AQ認証 住宅性能表示制度
「劣化の軽減」
劣化対策等級3に対応
(耐用年数75~90年の木造住宅)
LVL大引 AQ認証
LVL通し柱 AQ認証
LVL管柱 AQ認証
LVL筋交い AQ認証
LVランバー間柱EX AQ相当
壁合板EX AQ認証
通気胴緑EX AQ相当
床版EX AQ認証
JAS性能区分 性能の目安 木材の使用状態と耐用年数 AQ区分
K1 ヒラタキクイムシの被害を防止 屋内かつ乾燥状態で腐朽・蟻害のない場所
K2 住宅土台で耐用年数20年(北海道、青森などの寒冷地) 寒冷地で野外接地で10年未満野外非接地で10年・屋外湿潤下で20年 3種
K3 住宅土台で耐用年数20年(一般地域) 日本全国で野外接地で10年未満野外非接地で10年・屋内湿潤下で20年 2種
K4 住宅土台で耐用年数30年(一般地域) イエシロアリ加害の激しい地域・屋外接地で10年・野外非接地で20年・屋外湿潤下 1種
K5 杭木、橋染などで半永久的に耐用 屋外地域で20年

保存処理関連JAS改正(平成7年4月施工)で保存処理性能区分K1~k5が規定され、耐用年数のめやすがしめされました。その中でK3処理(=AQ2種)は、住宅土台で耐用年数20年が想定されています。

※AQの湿潤度基準(防腐防蟻処理構造用LVL・加圧注入処理・AQ2種断面積に60%以上、かつ対面から10m/m部分の80%以上であること。)

Fudousan Plugin Ver.1.3.5